軽自動車の車検の基礎知識を分かりやすく解説

自動車に乗る以上は車検を受けると言うのは軽自動車でも変わりません。何度か作業をしてもらったことがあるのであれば、予約の仕方や日程なども調整しやすいですが、これから初めて依頼をする場合には、作業費用などもじっくりと検討することが大切です。乗用車よりは安い費用ではありますが、それでも家計を圧迫する要因になることは変わりません。今はいろんなやり方で車検をすることが出来るのですが、それでも必ず支払わなくてはいけない費用もありますし、それ以外の作業をどこまでしてもらうのかと言うことでも価格は変わってきます。大切に長く乗っていく自分の自動車ですから、後悔する事の内容に販売店や専門店などを見比べて、どこで行うのがベストなのかしっかり考えていきましょう。

どんな場所で作業が出来るのか確認しておこう

軽自動車もどこで作業をしてもらえるのか、お店探しに迷うこともあるかもしれませんが、最近はいろんなお店でしてもらえます。従来から利用できる中古車など販売店や、ディーラー、そして専門店、ひいては最寄のガソリンスタンドでも作業しませんかと声をかけられることもあるのではないでしょうか。基本的に費用が高いけれども、安心感が抜群なのはディーラーです。きっちりと作業をしてくれるからこその高い値段になっていますし、販売店でも技術のしっかりしているお店であれば、ディーラーよりも低価格でそん色ない仕事をしてもらえます。専門店などは、じっくりとお店の作業を見ることができますし、必要な作業を選んで行える分リーズナブルに作業を進められるので、価格重視であればこちらも選択肢になるでしょう。

どんな費用が必要になってくるのか

軽自動車の車検の際に必要になってくる費用としては、主に法定費用と呼ばれる部分です。これだけはどんな自動車でも必ず支払わなければいけません。実際には、自賠責保険の分と、重量税がかかってきます。それ以外には、手続きを滞り行っていくための印紙代も必要になりますので、その部分だけはどのお店を利用する場合でも確実に変わってきます。お店によって違ってくるのは、点検や整備の費用です。節約する場合には、この作業をどこまでしてもらうかということで変わってくると思っていいでしょう。全部しっかり見てもらって、修理や部品を使えばお金もかかりますし、最低限でよければリーズナブルに作業が出来ると思えば分かりやすいです。日数や予算も踏まえたうで、愛車のための車検を行いましょう。

余分な費用をカットした明快な価格設定で、最短45分の迅速さでありながら、丁寧でわかりやすいお客様立ち合い車検が当社の強みです。 検査と整備の専門店ですからご安心下さい。 ユーザー車検では気づかないところまで点検致します。 ドライバーの命を守るため、検査の手は惜しみません。 ご優待特典!60歳以上の方は、検査料3,150円割引させて頂きます。 お見積もりから実施まで素早く対応いたします。 軽自動車の車検は安心・迅速の【車検の速太郎】